健康食品(どくだみ)by福岡総合医学情報研究所

今回はドクダミです。

ドクダミ(ギョセイソウ)を煎じて飲み、あるいはシップに使う人がいます。

漢方では十薬(ジュウヤク)という生薬で下剤として

使われています。

しかしドクダミ光線過敏症を起こします。

そうとは知らずに飲んでいて、

皮膚のただれ、発赤、発疹に悩んでいる人も少なくないようです。

 

20歳の女性がアトピー性皮膚炎の治療に6か月前から

自分で煎じたドクダミ茶を毎日1リットル飲んでいましたが

全身に多形紅斑が出現。

ドクダミの葉と茶の内服負荷試験で上肢に紅班が出現しました。

 

40歳代の男性が二日酔いのために、4~5日前に作ったドクダミ茶

コップ1杯飲んだ後1時間くらいして、3~4回吐き、その後吐血

病院を受診。内視鏡で激しい出血性胃炎をみとめました。

その後も3回吐血し、ショック状態に陥りました。

 

50歳代の男性が、皮膚病のためにドクダミ焼酎

飲んでいました。ドクダミ焼酎を飲んだ後に

養命酒を飲んで翌日全身の筋肉がこわばったため

多量の水を飲んだところ、2日後に洗面器一杯に

吐血し救急車で入院しました。

 

皆さんがよく知るドクダミにこのような副作用

あることをご存知でしたか?

 

健康食品(プロポリス)by福岡総合医学情報研究所

プロポリスが、癌、エイズ、リウマチ、糖尿病、水虫

高血圧、薄毛、アトピー性皮膚炎、花粉症などに効くといわれ

健康食品として売られています。

プロポリスは、ミツバチが花芽や樹皮から集めたものと

ハチの唾液が混じった黒褐色のヤニ状の塊でハチヤニとも呼ばれています。

肝機能障害、腎機能障害、DIC(播種性血管内凝固症候群)

接触性皮膚炎などの報告があります。

この皮膚炎が喉頭(のどの部分)に発生すると死に至ることもあります。

 

40代の男性が急性喉頭炎に以前プロポリスを塗って

効いたことがあるので、今回も塗布しました。

6時間後に涎をながし嚥下困難を訴え呼吸困難から

意識消失をきたし呼吸停止しました。

20分後救急隊員が到着し、心臓マッサージをしながら

病院に運びましたが、喉頭の浮腫(はれ)が強く、

気管内挿管が困難で、その後亡くなりました。

 

プロポリスによるアレルギー反応の報告は多く、強力な

感作性物質なので外用としての使用は控えるべき

でしょう。

 

天然の抗生物質などという人もいますが、危険な

副作用があるんですよ!

あなたは、知ってましたか?

 

 

 

健康食品(ウコン)by福岡総合医学情報研究所

健康食品は現在の医療分野を二分する形で登場した

補完代替医療の一つです。

 

三人に一人が癌で死に、死因の二位、三位の心疾患

脳血管疾患もそのもとになる動脈硬化を医学が

治すこと,まして老化を防ぐことは不可能です。

肥満、ストレスを含め自分の健康は自分で守る

以外にない時代になっています。

 

こうした中、補完代替医療が出てきたことは

必然なのですが、健康食品については医薬品と違い

副作用がないと信じられています。

 

今回はウコンについて。

ショウガ科の植物ウコンの根茎が漢方の鬱金(ウコン)

です。ウコンは1994年~2003年に日本で発生したやせ薬以外の

健康食品・民間薬による薬剤性肝障害の25%をしめ、

原因物質で最も多いです。

 

肝硬変で通院していた女性は症状が安定していましたが

粉末ウコンををデパートで購入し、毎日スプーン1杯飲み始め

2週間後症状が悪化し入院したが、腹水がたまり、その後

多臓器不全で亡くなりました。

 

30代の女性がウコンを服用し始めたが、吐き気、黄疸が出て入院

になり、肝機能は悪化しステロイドが投与されました。

その後徐々に肝機能は改善し、ウコンに対し、

薬剤リンパ球幼若化試験は陽性でした。(続)

 

※薬剤リンパ球幼若化試験(DLST)

⇒薬剤によるアレルギー症状のうち、特にⅣ型アレルギー

による肝障害や造血障害に,特定の薬剤が関与しているかどうかを

知るための有用な検査。