医学常識を疑いましょう

巷でよく言われる健康常識、医学常識はなんとウソ

の多いことか。どこの誰から聞いたのか?

友人、知人、医者、看護師、テレビ、週刊誌・・・

医療従事者も多くは正しい医学知識をもちません。

医療機関で医者を始め医療スタッフを教育してきたので

知っています。

当然一般の人は更に正しい知識を持っていません。

中途半端な人はウソをいいます。

 

血圧、血糖値、肝機能の値、コレステロール、中性脂肪、尿酸値、

へモグロビンA1c、インフルエンザワクチン、タミフル・・・・

 

病院でよく見るたり聞いたりする言葉です。

これらを正しく解釈できますか。

一般の人にはまず無理です。学会ガイドラインに価値はありません。

 

腰痛ならまず病院でレントゲンですか?そしてシップに痛み止め?

腰痛の原因は腹筋が弱いから?

風邪をひいたら風邪薬を飲む?

コレステロールは高いと血管が詰まる?

血圧は低いほどいい?

糖尿病の血糖値コントロールは厳密にする?

 

全部間違いです。全部間違っています。

ホントですよ!

長生きしたければホンモノを見抜く目をもちましょう。

または、福岡総合医学情報研究所に相談しましょう。