リンパケア/インソール/MRTの関係性

20181108(2)

私がインストラクターをしている

さとう式リンパケアの理論は

3つの柱から構成されています。

1つ目は「支持筋は屈筋である」

2つ目は「体は腔で構成されている」

3つ目は「筋肉をゆるめる」

さとう式の講座は複数あって

どれから受講すればいいのか分からない

という人も少なくありませんが

下記に記載したように結局は

どれから学んでも最終的には行き着くところは同じです。

”リンパケア講座”「腔」を構成することで

「屈筋」が働きバランスがとれて

「筋肉がゆるまる」ということを学びます。

インソール講座”では支持筋である「屈筋」

を使うことで「筋肉がゆるみ」

その結果「腔」が整うことを学びます。

”MRT講座”では「筋肉をゆるめる」ことで

「腔」が整い支持筋である「屈筋」

が使いやすくなることを学びます。

「筋肉をゆるめる?」腔?」屈筋?」

結局それがど~したの??

って思う人に一言・・・

結局、「楽になる」この一言につきます!

身体が・・・

少し心も?

まあ疲労回復には絶大な効果が期待できます。

要するに講座の内容はそれぞれ全く

異なりますが言いたいことは共通しています。

「腔」を整え「屈筋」が使いやすい状態

にして「筋肉をゆるめる」ことが

大切ですよということです。

リンパケアに親しみのない人では

少し理解に時間が必要かも知れませんが

一度学べば理解が深まる人が多いです。

なにより、体感することが一番です。

”百聞は一見に如かず”

人は実際に自分の身体で体感しなければ

分からないことは多いのです。

自分の為に学びたいなら

セルフケア講座orインソール講座

家族の施術やビジネスで応用したいなら

MRT講座orリンパケア

という考え方もありです。

どの講座も安価で役に立つので

ぜひ学んでみてください。

明日からの日常に役立つこと間違いなしです!

♡私のさとう式講座はこちらからご覧ください>>

※ご希望の日程があれば連絡ください。

可能な範囲で調整します。