慌てない慌てない・・・一休み一休み

2019.3.4

どんなことでもそうですが結果を急ぐと失敗します。

朝急いで家を出ると大概

何かを忘れてしまいます。(私の場合)

特に健康を害してしまった人が元の身体にもどる

または元の状態に近づくには

長い時間を要することが多いです。

アトピー性皮膚炎にしても

慢性頭痛にしても慢性腰痛にしても

命にかかわる病気ではありませんが

本人にとってはつらく

憂鬱な疾患であることは間違いありません。

重症にならなければ心・肺機能異常を

きたすことのない脊柱側弯も

本人にとっては深刻な悩みであり

コンプレックスにも繋がります。

だから何とかしたい・・・

という人が多いのですが、実は問題山積です。

多くの人が結果を急ぐあまりに待てない!

当然、年の単位でやらないとイケナイのに

週・月の単位での結果を求めてしまう。

側弯6(上部・下部)側弯4(上部・下部)

凄い側弯の女性です。

1回施術しただけでメチャクチャ変化しています。

臀部の変化が分かりやすいかな?

超・超アンバランス⇒超アンバランス

に変化しています。

当然施術後も超アンバランスなんだけど

見るのはそこじゃない!

変化を見ないでafterだけみたら

ただの酷い側弯の人だけど

1回メンテナンスするだけで

これだけ変化するわけね。

家なら倒壊してもおかしくないほど傾いている!

小さな変化を繰り返す以外に

よくなる方法なんてないわけ。

でも早くよくなりたいと気持ちが焦るあまり

小さな変化で満足できない

→価値あることを継続しない

→よくならない

→諦める

→良くならないのを人のせいにする・・・

こういう悪循環の人って少なくないんですよ!

(この女性の話ではありませんので・・・)

側弯のおっさん

この人も2回目くらいで撮影した写真だったと思いますが

メチャメチャ変化しています。

酷い腰痛も施術後はほぼ0になる。

でも・・・

生きて生活していると誰だって

腰に負担のかかる作業をやってしまします。

この男性は共働きの奥さんの負担を減らそうと

家事の一部を担当していました。

お皿洗いなど・・・

でも皿洗いって私でも腰痛くなるんだけど!!

側弯で重症腰痛の人がやって大丈夫なの?

って思ってしまいます。

皿洗いやるならやるで徹底して姿勢(態勢)整えて

十二分な身体ケアしないと腰痛再発必至です。

他人任せはでは限界があります。

自分もきちんとやるべきことを

やらないと良くはならない。

指導もします。

でも焦って結果を急がないことも大切。

側弯が完全にない元の状態にまでもどらなくても

一番ひどい状態から少しずつ改善していけば

進行して悪化するより良くないですか?

何処にゴールを設定するかが重要です。

一般人が100億円の資産を築くのは到底無理

ですが、500万円とか1,000万円なら現実的ですよね。

方法はいくらでもあると思います。

病気も同じで他人と同じゴールの必要はない訳です。

どこまで改善すれば満足か?

自分のステージならどこまで改善可能か?

これを良く考えてみるといいと思います。

一部の例外を除けばどんな状態からでも

よくなることは可能だと思います。

身体不調は早めのメンテナンスが重要であることを

再度強調しておきます。

♡腰痛・側弯・慢性疲労なら医科学整体コンプリートへ