あなたの疲労度チェック

2019.7.31(2)

日常の【慢性疲労】でお困りの方は

下記チェックをしてみてください。

●朝起きるのがつらい(  )

●疲れが取れない。眠っても疲労感がある(  )

●塩辛いものが無性に欲しくなる(  )

●倦怠感が強い。すべてが億劫に感じる(  )

●日常的なことがとても疲れる(  )

●性欲の低下がある(  )

●今まで気にならなかった小さなことが気になる(  )

●風邪や怪我がなかなか治らない(  )

●椅子やベットから立ち上がる時にクラクラする(  )

●人生にあまり意味を感じられない(  )

●仕事も人間関係も空虚に感じられる(  )

●手足のむくみ、下腹部の張り、イライラなどがある(  )

●コーヒーやコーラ、チョコレートが手放せない(  )

●思考が定まらず、ボーっとすることがある(  )

●記憶があやふやになることがある(  )

●午前10時まで目覚めない(  )

●午後3時~4時はぼんやりすることが多い(  )

●夕食後やっと元気になる(  )

●仕事がはかどらない(  )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて上記項目で○はいくつありましたか?

0~2個→安全ライン

3個→ボーダーライン

4個以上→危険ライン

簡易チェックなのでこれだけで

病気を診断できるわけではありません。

しかし4個以上○がある場合は

厄介な疲労かもしれません。

自分自身ではどうにも解決できない疲労や

医療機関で医師から特に医学的には

異常はないので治療の必要はない

と言われたケースでお困りの方は

一度医科学整体コンプリートに御相談下さい。

酷い疲労は一朝一夕に解決できませんが

諦めないことが肝要です。

長期(6ヶ月以上)にわたる生活改善や

ストレスコントロールを行う必要があります。

食事療法だけ頑張っても到底無理です。

私は下記に着目して身体上の問題点の発見や

改善のための生活指導をおこなっています。

①TCHのチェック

②呼吸法のチェック

③筋緊張のチェックと弛緩を促す施術

④セルフ体液循環改善法の指導(組織液)

⑤必須ミネラルやビタミンの知識と摂取法指導

⑥その他

♡医科学整体コンプリート(福岡・北九州)はこちら>>

♦メールでのお問い合わせ(お申込み)はこちら>>

※24時間以内にメール返信がない場合はTELにてご連絡ください。

※電話番号は医科学整体コンプリートのページの最後に記載しています。

夏休み特別企画~大幅値引きキャンペーン

2019.7.31

対象は慢性疲労、脊柱側弯のかた限定です。

2019.8.1~2019.9.30までの2か月間限定

特別なサービスを提供します。

フィジカルケア+施術(3時間)=35,000円

をこの期間にお申込みいただき実際体験した方限定で

側弯施術or慢性疲労施術=8,000円で提供します。

キャンペーン期間終了後も施術価格=8,000円でOKです。

(通常価格は20,000円→8,000円)

♡医科学整体コンプリートはこちらをごらんください。

これは側弯、慢性疲労のコース施術よりも

はるかに安価な価格設定にしています。

世の中お金に余裕のある人ばかりではないことも

知っていますし、身体の調子が悪いせいで

仕事を辞めないといけない人もいます。

そのような人たちの多くから八方ふさがりで

座して死を待つような心境だときかされました。

現状からどうしても脱出できないと・・・。

本来有益な知識や技術は高額(有料)

なのはあたりまえなのですが

毎日身体の調子が悪く、何をするにも辛い人達に

「少しでも楽になってもらいたい」

という思いからできるだけ安価に私のサービスを

提供できないかと考えた結果です。

今回のキャンペーンは完全利益度外視です。

チャンスを逃さずに是非活用していただきたいと思います。

メールなら24時間連絡OKです。

もちろん電話でもOKです。(留守電の際はメッセージを残してください)

♦メールはこちらからお願いします>>

常識を疑え~骨は勝手には曲がらない!

2019.7.25

側弯症は脳幹の誤作動で骨が勝手に曲がる・・・

というのが現代医学の解釈のようです。

これには矛盾点が多く説明がつかない点が多い。

まず骨は宙に浮いて人体内に

存在しているのではなく

骨格筋(靭帯や腱)と強固に連結してしています。

骨だけが勝手に動くことは絶対にありえず

骨格筋(靭帯、腱)と連動して動きます。

なので骨が動くためには骨格筋が

収縮する必要があるわけです。

人体を支えているのは骨ではなく骨格筋(筋肉)です。

側弯症は人体が捻じれて

筋肉が異常収縮して連結骨を

歪ませるのが要因に違いないと考えています。

そうでなければ医科学整体コンプリート

側弯改善することの説明がつきません。

ぎゃみ側弯

遺伝的に人体が捻じれやすい人(家系)

が存在する可能性はありえます。

親子や兄弟で側弯症を発症するケース

が多いのはそのような理由かもしれません。

人体の捻じれの原因は様々でしょう。

個々人の脆弱ベースに生活習慣やDNA

電磁波なども影響しているかもしれません。

これらが相互的に絡み合って症している

可能性を疑います。

医学的証明は難しいと思いますが・・・

骨格筋(筋肉)は一度収縮すると

簡単には弛緩しないことも要注意です。

一度筋収縮すると長期間に渡って

継続して収縮したままです。

蓄積毒のように!

従って側弯に対するアプローチは骨ではなく

捻じれた身体に対してアプローチしていきます。

身体の捻じれを軽減させる→異常な筋収縮が低減

→引っ張られている骨が元の位置に戻ろうとする

→継続する→3歩進んで2歩下がる→改善していく

→身体が楽になっていく!

光原さん~側弯

♡医科学整体コンプリートはこちら>>

♦メールでのお申込みはこちらかどうぞ>>

後悔しないためにも手術前に非侵襲的対処を!

2019.7.24

側弯症は酷くなると必ずと言っていいほど

手術をすすめられます。

医学的には原因不明だっていってるのに・・・

脳幹の誤作動?とも言ってますよね。

親子で側弯、兄弟で側弯はよく経験しますので

遺伝的素因が関与していることは

想像に難くないですが

脳幹の誤作動も遺伝するのか??

そして脳の誤作動なら手技療法で改善する

はずないですよね!

ぎゃみ側弯

でも・・・

 同じ日の撮影です。

手術しなくても変化しています。

大切なことはよい状態にできるということを知る事。

無知ならすぐ手術・・・になるかもしれませんが

現在は情報は調べればいくらでもヒットします。

ネット情報は玉石混交で

情報を取捨選択できる能力は必須ですけど。

側弯のおっさん

重症の高齢女性でも変化しています。

同一日ですよ。

側弯6(上部・下部)

改善できると知ったら何をすればいいか

懸命な人なら分かりますよね。

改善するためのメソッドに磨きをかけて継続する!

医療を絶対視しない姿勢が大切です。

徹底的に情報を吟味してリクスが最も少ないものから

選択的にチャレンジしてみる。

ダメでもいいんです。

最初からうまくいくほど世の中甘くありません。

試行錯誤してあらゆる可能性にチャレンジして

自分が納得するまで調べて命取られる以外は

チャレンジすること。

お金で解決できることなら何でもしてみる。

お金はあの世にはもっていけませんからね。

世の中には絶対はありませんが

可能性にかける気持ちが

チャンスを呼び込むときもあるのです。

♡医科学整体コンプリート(福岡・北九州)はこちら>>