アトピー性皮膚炎の脱ステロイド

アトピー性皮膚炎は不適切な治療をしなければ成人までにほぼ治癒します。

しかし現在は難治化し罹患期間の長期化するケースが少なくありません。

成人型のアトピー性皮膚炎で苦しんでいる人も多い。

これらはアトピー性皮膚炎という疾患の本質が変わったからではありません。

不適切な治療が蔓延しているからにほかなりません。

この不適切な治療の正体が日本皮膚科学会作成の「アトピー性皮膚炎の治療ガイドライン」です。

完全に「医源病」です。

ガイドラインでは、ステロイドを中心とした治療が推進されていますが

ステロイドの害反応(副作用)に対する認識が不十分です。

さらに近年はステロイドよりも害作用の多い免疫抑制剤の塗り薬まで汎用されるようになっています。

本来は自然治癒する疾患に癌を誘発する可能性の高い免疫抑制剤を使用するなど処方医の神経を疑います。

ましてや未来のある子どもに免疫抑制剤の塗薬を塗布するなど危険極まりない行為です。

どうであれ最終的にはステロイドを中止しなければアトピー性皮膚炎は治癒しません。

ただし長期に渡ってステロイドを使用してきた患者が自分の判断でステロイドを中止するのは

リバンドコントロールの問題もあり危険です。

さらに難しいのが免疫抑制剤(プロトピック軟膏など)からの離脱です。

これは素人判断では絶対にやってはいけません。

本気でアトピー性皮膚炎を直したいなら良心的な皮膚科医(ほとんどいません)のアドバイス

を受けながら脱ステロイド、脱プロトピック(脱免疫抑制剤)をする必要があります。

もちろん医者任せではいけません。自分(子供)の生活習慣の見直しも必須です。

特にに口から入れるものには注意をはらって生活しなければいけません。

現代社会は毒物であふれていますから生活様式(習慣)も大きく見直さなければいけません。

同時に体質改善に取り組む必要もあります。

これは何を食べて何を食べないかを明確にすることでもあります。

現代栄養学は学問の程度が低く信用するとひどい目にあいます。

サイエンスとは程遠いものに成り下がっていますので変な栄養指導には注意してください。

(例)甘いものを食べてはいけません…みたいなやつです。

エビデンスのかけらもない栄養指導をしている医者や栄養士には近寄ってはいけません。

アトピー性皮膚炎は正しく治療すれば治る疾患です。

治らないで苦しんでいるということはすでに間違った治療に誘導されているということです。

目の前の皮膚科医を盲信するのではなく、基本のサイエンスを勉強してください。

ステロイドがアトピー性皮膚炎を直す力がないことは明白なのですから。

 

アトピー性皮膚炎の真実

アトピー性皮膚炎は本来は幼少期のみの疾患です。

成人になるにつれて自然治癒する疾患でした(過去形)

しかし現在は幼少期のアトピーを成人まで持ち越すケースや

成人になって発症するケースなどが多くあります。

この事象を説明できる皮膚科医は皆無に

近いくらいおりません。

何故ならば皮膚科医がおこなっている治療自体が

根本的に間違っているからです。

結論から言うと難治性のアトピー性皮膚炎は医源病です。

誤った治療が本来は成長とともに治る疾患

(アトピー性皮膚炎)を難治化させ罹患期間を

長期化させています。

その難治化、罹患期間長期化の正体は「ステロイド軟膏」

に依存した治療です。

幼少期にステロイドを使用した子供が難治化します。

難治化したアトピー性皮膚炎は蟻地獄の様相です。

もがいてももがいてもよくなりません。

なぜなら皮膚科医が行う治療行為(ステロイド軟膏)

が蟻地獄そのものだからです。

そもそも皮膚科医自体が真剣にアトピー性皮膚炎と

向き合っていないせいもあるでしょう。

昔は自然治癒したアトピー性皮膚炎がいまは何故

難治化するのかということに対して真剣に

考えていません。

皮膚科医が真剣に考えていたらこんな

悲惨な状況になっていません。

塗薬(ステロイド)処方して診察は終わりですから。

こんな楽な仕事はそうそうないでしょう。

治らないのは体質とか、指示を患者が守ってないとか

そんな風に考えているのでしょう。

まったく見当外れの眼力です。

アトピー性皮膚炎が難治化した場合は食事を含めて

あらゆる手を尽くして改善する方向に

もっていかないといけません。

医療に依存しても無駄です。

皮膚科を変えても99%以上の確率で無意味です。

ぜなら・・・・

♦この記事が参考になると思います。

でも確かに本物の皮膚科医もいます。

極々僅かな人数です。

偶然出会うには宝くじレベルです。

難治化アトピー性皮膚炎で困っている人はこれまでの

自分や医療の常識を捨てて違った角度から

アトピー性皮膚炎を勉強しなおしてください。

従来型の治療でよくなることは絶対ありません。

♦アトピー性皮膚炎のご相談はこちら>>

 

 

 

 

 

 

疲労に効果的なミネラル

現代人の多くは疲れています。

もしあなたが疲れていないなら余程鈍感な人か

スーパーサイア人かもしれません。

わたしがお勧めするミネラルはマグネシウム(Mg)です。

現代人のほとんどが足りていません。

食品から摂取するのが理想ですが腸からの

吸収率が非常に悪いので難しいです。

私がオススメする方法は

①自分でマグネシウム飲料を作る。

②マグネシウムの入った入浴剤を使う。

この2つです。

①は少量の塩化マグネシウムを多めの水に

溶かしてゆっくり時間をかけて飲む方法。

これでおなかの調子が悪くなる場合は

やめたほうが無難です。

マグネシウムは医薬品では下剤として

利用されていますからね。

②は市販されている好みの入浴剤を

使えばいいと思います。

マグネシウムは経皮吸収しますので

皮膚に塗布すれば吸収されます。

できればマグネシウムとビタミンB群を

一緒に摂取するとマグネシウムの吸収がよくなります。

疲労気味の人は試してみることをオススメします。

さらにマグネシウム摂取に身体調整施術をおこなうと

より効果的です。

♦無痛の身体調整施術はこちら>>

 

最低5年は継続する力が必要

何でもそうですが継続できない人に

結果はついてきません。

病気であるということは何か今の現状を

変えないといけないということです。

これまでの生活様式を維持したまま

楽によくなってくれればいいと

いう考えでは結果はでません。

側弯だって慢性疲労だってそうです。

現代医学では解決法がないと

いわれているのですから

可能性のある事であれば学んで

自分の直感を信じて継続する必要があります。

世の中には詐欺同然の民間療法も

多数ありますので真偽を見極める力が

個人個人に求められています。

側弯だって私が指導している

フィジカルテクニックを学んで

毎日最低10分程度は継続していかないといけません。

慢性疲労はなおさらです。

医科学整体で強い疲労が楽になり

側弯も本人がビックリするほどその場で

改善することも多くありますが

それで終わりではありません。

そこからが始まりなのです。

2~3か月での結果を求める人が多い

印象がありますがどんなことでも

最低4~5年はチャレンジしないと根本的な

部分がみえてきません。

側弯ケアはまた別ですが

慢性疲労は施術、フィジカルケア

食事療法の3つを組み合わせていかないと

結果がでません。

食事療法は身体の中に蓄積した

有毒な物質を抜いて新しい身体に生まれ

変わるためのものです。

これに5年かかります。

現代栄養学とは別ものです。

現代栄養学は完全に嘘に凝り固まっており破綻しています。

糖質制限やファスティングで体調が改善すると

思っている人が多いのも間違った知識で

洗脳されているからです。

体調改善のためになる正しい栄養学を

施術やフィジカルケア指導にプラスして

お伝えしております。

施術に関する内容はこちらをご覧ください>>