命よりも大切なものはない

ジョブズの言葉

みなさんご存じのアップル創業者の1人であるスティーブ・ジョブズが死の目前に残した言葉です。知っておられる方も多いかと思いますが、今このタイミング(時代)に必要な言葉だ思いました。

「真実はいつも目に前にある」ということをメッセージとして残してくれているように感じました。自分や自分の家族そして自分の仲間たちとの繋がりを大切にして、これから迎えるであろう超激動の時代を私たちは生き抜いていかねばなりません。そのためにはまずは自分の足元の健康管理をしっかり行いましょう。

【スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉】
私は、ビジネスの世界で成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。
しかし、いま思えば仕事をのぞくと喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、お金と富など私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。
それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。
終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。
私のようにね。
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。
私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。
これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。
行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
 全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。
「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
「健康な生活を送る本」
 あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。あなたの家族のために愛情を大切にしてください。あなたのパートーナーのために。
あなたの友人のために。そして自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください。
スティーブ・ジョブス
1955年2月24日 – 2011年10月5
2020年11月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

困難の中に答えはある

夢想享受

 

私自身は人に相談することはほとんどありません。自分で解決法を見つけます。

誰に相談しても解決できないことが多いからです。

特に自分の専門分野の医療分野では医療者の知り合いは多いですが、経験的に決定的に困った場合には誰に相談しても解決しません。だから自ずと自分で解決策を考えるよいうになりました。

長男が小学生の時(10年以上前)に足の指が赤く腫れて皮がむけて痛々しい姿になりました。

どうするものかと考えましたが、まずは診断が必要と思い皮膚科に連れて行きましたが、想像通り原因はわかりませんでした。

原因不明なのに定例の処方(ステロイド軟膏)をされて帰宅。塗った直後はよいのですが塗布をやめるとすぐに元の状態にもどります。

皮膚科医に根本的に何か問題があるのではないか?と尋ねても「わからない」の返答で埒があきません。本当に困った時に医者は全く役に立ちません。

一月経っても改善への道筋がみえてきませんので、やむ負えず私が治療することに決めました。当時は皮膚科領域の知識も乏しく全くの専門外ですが仕方ありません。息子のためですから。

あらゆる医学情報を収集し、皮膚科学を学び、治療薬を研究し治す方法が閃きました。

これを無想享受といい、「直面している問題に対して、考えうるあらゆる手を尽くし高次元の世界に繋がるまで思考を巡らせ、正しい回答を導き出す方法」です。

そのために毎日毎日いかなる時も思考を巡らせ解決策を考える(研究する)のです。24時間ずっと。寝ているときも考えています。もちろん食事時間、入浴時間、車の運転中も考えています。解決法方法を!

するとあるタイミングで解決策が脳裏に浮かびます。これを実践して息子の足指もすぐに治りました。皮膚科医は全く治せなかったのに!

妻や母の体調のことでも、医師では解決困難な状況を私の無想享受で打破(解決)した経験があります。

困難に遭遇した時に人は専門家を頼ります。もちろんそれでうまくいけば結構なのですが、医療分野はそうもいかないことが多いので、わたしは最終的には自分で解決するようになりました。自分のオペは自分ではできそうもありませんので必要時は他者に委ねますが。。。

無想享受を身につけるとあらゆるシーンで自分の能力が頼りになります。

私の医療機関での仕事の専門分野は画像診断(超音波診断)なのですが、決して好きでやっているわけではありません。適性(能力)があるので仕事にしているだけです。実際に画像診断の仕事を何度も辞めようと思ったことがあります。ですが、いかでも辞めてないのは、以前私のセミナー(施術)にお越しになった柔道整復師さんから言われた一言が気になっているからです。

私が主宰するセミナーに来た柔道整復師さんと休憩中の雑談で、画像診断の仕事は長くはやりたくないんですよ~・・・そのような会話をしていると、その柔整師さん曰く、でも「貴方は画像診断の仕事はしばらく辞めれませんよ」というのです。

「??どうしてですか??」と聞くと「あなたの高い診断能力を病気の人のために使う必要があるので神様が辞めさせない。天の配慮ですよ!」と言われました。想定外の回答にちょっと驚きました。何か見える人なのでしょうか?

そこから私も少し気持ちを切り替えて、画像診断の仕事を日々しています。

無想享受の境地を紐解くと物事を極める極限の領域まで自問自答し、解なき答えを探し求めた先に天から何かしらのアドバイスがあるのではないかと思っています。自分自身の能力が最大限に開花した状態を指します。

の結果問題をを打破する方法を自分自身が見つけることに成功するんだと考えています。

みなさんも何か困った問題が発生してなかなか誰に相談しても解決しない場合は、内なる自分に向き合い会話してみることをお勧めします。運が良ければ天からの答えをもらえるかもしれませんよ(^-^;

※無想享受・・・「直面している問題に対して、考えうるあらゆる手を尽くし高次元の世界に繋がるまで思考を巡らせ、正しい回答を導き出す方法」を意味する造語。

 

 

 

2020年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

闇金ウシジマくんから見た~アトピー性皮膚炎とステロイド

2020.10.03

 

闇金ウシジマくんって知ってますか?ウシジマ君という闇の高利貸しが主人公のやばい感じのアニメです。

山田孝之主演でドラマにもなっています。えげつなくて面白いのでサウナに入って単行本を読破しました!まだ見たことない人は是非どうぞ。えげつないので自己責任でお願いします。

10日5割(トゴ)の超暴利闇金融(カウカウファイナンス)の経営者である丑嶋薫とその従業員の日常とカウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。(Wikipediaより)

ウシジマくんは金貸しなんですが、ウシジマくんのバックには金主(運転資金を出してくれる人)がいます。金持ちの醜い太った婆さんです。怖いものなしのウシジマくんでも頭が上がりません。金主からの融資がウシジマくんの闇金の資金源だからです。

闇金で儲けたお金から金主に利子をたっぷりつけて返済しなければなりません。金主は濡れ手に粟という構図です。

さて、ここからが本題ですが、闇金ウシジマくんとアトピー性皮膚炎にどんな関係があるって??と思われるでしょうね。

そっくりの関係がアトピー性皮膚炎の治療にも当てはまります。そう。。。ステロイド軟膏と皮膚科医の関係が!わかりました?えっ?まだわからない?

「ウシジマくん=皮膚科医」と仮定しましょう。「ウシジマくんの金主(醜いお婆さん)=ビックファーマ(多国籍製薬会社)」と仮定しましょう。これは同じ関係性です。

ウシジマくんは金主には逆らえません。金主からの融資がビジネスの種銭だから。逆らえば金主からの融資は打ち切りになります。その結果ウシジマくんは闇金業を営むことができなくなります。そう!失業です。

皮膚科医もビックファーマ(多国籍製薬企業)には逆らえません。彼ら(皮膚科学会上層部)の活動(害はあっても益はありません)にはビックファーマの潤沢な資金が使われています。皮膚科学会開催などがそれに該当します。

ビックファーマは潤沢な資金源(これが皮膚科学会上層部の生命線です)をもとに有名大学医学部教授たちにアトピー性皮膚炎ガイドラインを作成させます。ビックファーマの命令に従いアトピー性皮膚炎ガイドラインを作成すれば、彼らには見返り(運営資金)が貰えるというからくりです。

要するに皮膚科学会上層部にとってビックファーマは金主なのです。

もちろんビックファーマに都合の良い内容でガイドラインは作成されます。。巷(市中)の皮膚科医はガイドラインを作成する教授たちの手下(部下)たちですから、町の皮膚科ではどこも同じ治療(ビックファーマが販売するステロイドによる治療)になります。

決して治療が正しいからどこに行っても同じ処方ではないのです。真逆です。この真実を知らないと延々に患者は「健康」と「時間」と「お金」皮膚科医たちに搾取されます。

ステロイドは免疫抑制物質ですので塗布している間は症状が一見軽快したように見えます。が。。実際はマスク(症状を隠している)されているだけで良くなっているわけではありません。

それどころか、ステロイド耐性によってどんどん強いステロイドを処方しないと効果がなくなっていきます。最後はステロイドよりも強力な免疫抑制剤のプロトピック軟膏などに処方がシフト(危険)します。

ここまでくるとそう簡単には引き返せません。ステロイドやプロトピック軟膏を中断すると、おぞましいリバウンドがあるからです。

一部の賢い患者は、内心ステロイドでは治らないことがわかっていてもここまでくると、どうしていいのか皆目見当がつかず、間違った治療を延々とされる羽目になります。

逃げ出すチャンスが見つからない状態です。どこかで軌道修正しないといけないのにどうすればいいのかわからなくなってしまいます。結果病状は悪化の一途を辿り、社会的にも脱落していきます。

こうなったら再起不能に近い状態です。再起不能になる前に気づきましょう。

まともな皮膚科医を探し出すのも至難の業です。極々少数しかおりませんので。

お分かりいただけましたでしょうか?どこの世界も構図は同じということです。搾取する側と搾取される側のどちらかに該当します。あなたが現在アトピー性皮膚炎で苦しんでいる状態であるのなら、搾取される側にいるということです。

あなたのアトピー性皮膚炎が治らないのはあなたのせいではありません。幼少期発症のアトピー性皮膚炎なら本来は自然治癒する疾患です。それを誤った治療で難治化させられ、苦しめられている現実に1日もはやく気づいてほしいと切に願います。

♦ご相談はこちらをご覧ください>>