西洋医学と代替医学の使い分け方by福岡総合医学情報研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

西洋医学と代替医学(民間療法)は相交えない関係。

しかし双方一長一短。   西洋医学に肩こり、腰痛は治せない。

代替医学(民間療法)には確かにすごいテクニックがある。

膝の痛みにコンドロイチン、グルコサミンは不要。

むしろ有害。宣伝が功を奏して売り上げは大きいかもしれませんが 有害なものは有害です。

高いお金を払って、身体を壊しています。 不思議です・・・

 

やっぱり無知は悪いですね。 有名人が出演する宣伝にまんまと騙される人たち。

自己責任ではありますが、あんなもの飲んでも膝には届きません。

  肩こり腰痛は正しく施術すれば多くは改善します。

 

シップ不要。痛み止め不要。関節注射不要です。

自分の身体のメンテナンスに必要な金額は投資しましょう。

有害なものにはお金は使わない。 徹底しましょう。  

かわって癌治療に有益な民間療法は皆無です。

ありません。無いんです。しかたありません。

 

高濃度ビタミンC丸山ワクチン免疫療法も効果ありません。 有害です。

医者が高い金とってやっています。

 

米国でやると捜査機関(FBI)の捜査対象となるような

詐欺同然の癌免疫療法も日本では盛んです。

日本の癌免疫療法は無法地帯です

みなさん騙されないようにしましょうね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>