健康食品(ウコン)by福岡総合医学情報研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康食品は現在の医療分野を二分する形で登場した

補完代替医療の一つです。

 

三人に一人が癌で死に、死因の二位、三位の心疾患

脳血管疾患もそのもとになる動脈硬化を医学が

治すこと,まして老化を防ぐことは不可能です。

肥満、ストレスを含め自分の健康は自分で守る

以外にない時代になっています。

 

こうした中、補完代替医療が出てきたことは

必然なのですが、健康食品については医薬品と違い

副作用がないと信じられています。

 

今回はウコンについて。

ショウガ科の植物ウコンの根茎が漢方の鬱金(ウコン)

です。ウコンは1994年~2003年に日本で発生したやせ薬以外の

健康食品・民間薬による薬剤性肝障害の25%をしめ、

原因物質で最も多いです。

 

肝硬変で通院していた女性は症状が安定していましたが

粉末ウコンををデパートで購入し、毎日スプーン1杯飲み始め

2週間後症状が悪化し入院したが、腹水がたまり、その後

多臓器不全で亡くなりました。

 

30代の女性がウコンを服用し始めたが、吐き気、黄疸が出て入院

になり、肝機能は悪化しステロイドが投与されました。

その後徐々に肝機能は改善し、ウコンに対し、

薬剤リンパ球幼若化試験は陽性でした。(続)

 

※薬剤リンパ球幼若化試験(DLST)

⇒薬剤によるアレルギー症状のうち、特にⅣ型アレルギー

による肝障害や造血障害に,特定の薬剤が関与しているかどうかを

知るための有用な検査。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>