覚悟をきめることの重要性~医科学整体(福岡・北九州)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ表紙

医科学整体の内容のお問合せで一番多いのが、脊柱側弯に関してです。

光原さん~側弯

ぎゃみ側弯

●手術はしたくない・・・

●身体的負荷の少ない施術で上手くいけば多少お金がかかってもイイ・・・

●でもやってみないとわからないんですよね?・・・

●「お金」と「時間」をかけて結果がでなかったらもったいない・・・

こういう心理状況からの

質問・お問い合わせが多いです。

気持ちは分からないではないですが

世の中で確実なものなどほとんどありません。

確実なことといえば

例外なく誰でもいつかは死ぬことぐらいでしょうか!

簡単な手術だって100%成功するとは限らない。

簡単な手術でもね。

ましてや命がけの側弯手術が後遺症なく

確実に成功する筈がない!

冷静に考えれば誰にだって分かる理屈です。

視点をかえてみると

例えば起業だって、命がけで経営しても倒産することだってある。

大企業のサラリーマンだっていつリストラや

倒産の憂き目にあうかもしれない。

いま裕福でも突然配偶者が死んで、

金に困るかもしれない。

「健康だけがとりえ」と言っていた人が突然の癌宣告!

そう・・・

明日の事は誰にも分からないんですね。

でも、覚悟をきめたらあとは運命

にまかせればいいのではないでしょうか?

100%の結果(成功)を約束してくれる世界の方がニセモノです。

そもそも側弯症を非侵襲的に改善させるのは

施術技術の中でも最高難易度です!

どんなことでもやってみないと結果はわからない!

私も関わる人たちには

真剣によくなってほしいと思って施術しています。

これまでの症例で全く改善しなかったケースや悪化はゼロです。

♦脊柱側弯でも・・・

♦外反母趾でも・・・

♦重度の慢性疲労でも・・・

♦難治性腰痛でも・・・

♦坐骨神経痛でも・・・

♦膝痛でも・・・

これまで良好な結果はでています。

ほんとうに困っている人こそ

覚悟をきめて関わってくれることを願っています。

♡医科学整体コンプリートはこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>