膝が痛いのは膝の中の問題か?~福岡・北九州の医科学整体

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ題2

膝が痛いと日常生活に大きな支障がでます。

体重を支えて歩くことが困難になります。

酷くなると医療機関から手術を薦められる

ことも少なくありません。

手術をした結果、後悔している人にも複数お会いしました。

では、膝の痛みで悩んでいる人は

どうすればよいのでしょうか?

一時的な痛み(長距離歩行など)で時間経過とともに

痛みが軽減するケースは様子見で良いと思われますが

●毎日膝が痛い

●買い物も苦になる

●手術を強く進められているが手術は避けたい。

という人はまず非侵襲的(身体に危険のない)な

施術を選ぶのがよいと思われます。

膝痛でお悩みの方で変形性膝関節症を診断

されている人が非常に多いです。

膝の中の軟骨がすり減って

痛みがでているという説明をされると思います。

だから人工関節に変えましょうと・・・

手術が好きならどうぞご自由にですが

迷っているなら非侵襲的な施術(医科学整体)を

まずチョイスしましょう!

膝痛の人のほとんどが大腿部で身体を支えています。

大腿部の筋肉は弱いので

関節部に負担がかかり、痛みが膝にでます。

そして、立ち方が間違っている人が多いです。

まずは下肢の背面筋で身体を支えられるように

身体使い方を学びましょう。

あとは施術が効果的なケースも少なくありません。

膝痛の施術は簡単ではありませんし改善にも時間がかかります。

でも、諦めずにチャレンジすれば

危険な手術を回避しながら

日常生活を送れる可能性は十分あります。

まずは正しい身体の使い方を学ぶことと

非侵襲的な施術(医科学整体)を受けることをオススメします。

♡医科学整体コンプリートはこちら>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>