すべては情報力の差

このエントリーをはてなブックマークに追加

zse

インターネットの普及のおかげで誰でも

短時間で多くの情報を入手することが

可能な時代になりました。

出かけ先でランチするのにネット検索すれば

たくさんの候補のお店を表示してくれます。

とても便利で私もよく使います。

しかし検索サービスが普及してもなかなか

専門性の高い分野では情報が

玉石混交で何が真実かわかりません。

例えば投資の世界・・・

完全強者が支配する世界です。

個人投資家でも超能力者であれば

勝者になることも可能ですが

一般人の多くは養分(鴨)です。

お金を増やしたくて投資しても

一般人がネットで得た情報で勝てるほど

甘い世界ではありません。

医療の世界も同じで・・・

圧倒的情報力をもつ医学関係者(会社も含む)

が支配する世界です。

SNSなどで多くの医療情報が書き込まれ

たくさんシェアされている投稿などもありますが

本当に有益な情報がSNSでシェアされる

ことはないと思った方が賢明です。

SNSでみかける医療情報の99%はエセ情報です。

既存の医療への不信感から根拠のない

エセ情報に一般の人が期待を寄せる

気持ちもわからないではありませんが

医学を学んでない人が医療情報の真贋を

見極めることができるはずがありません。

絶対に・・・

100%間違いの世界はありますが

100%正しい世界はありません。

一時期WHOが抗がん剤を禁止しているのに

日本は抗がん剤を使っているから日本の医療は

間違っている・・・

という内容のSNSの記事が沢山シェアされていました。

無知な一般人が拡散したわけですが

知識のある人が見ると明らかなデマなので

相手にしないのですが

一般人で信じてしまう人もいるわけです。

そもそもWHOにそんな力はありませんよ。

いまや多国籍製薬企業の方が圧倒的影響力を

医学界に持っています。

エビデンスの乏しい詐欺情報にだまされて

後悔しないようにベースとなる基本的知識

をたくさん持って情報を正しく分析する

力を身につけましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>