インフルエンザ関連脳炎・脳症は予防できるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

c1

10年以上前から限られた医学論文で報告されています。

しかしまだまだ世間への周知には遠い印象です。

早速今シーズンもインフルエンザが流行ってきました。

全国的にも流行期に入ったようです。

さてインフルエンザシーズンになると

よく聞く言葉に脳炎・脳症とう重篤疾患が

ありますがご存知でしょうか?

「インフルエンザ脳炎・脳症」

という表現をされることも多いので

毒性の強いインフルエンザに感染したあと

重症化して脳障害を起こしたケースを

インフルエンザ脳炎・脳症

思っている人も多いはずです。

しかし実際はインフルエンザ以外でも

脳炎・脳症は多く発生しています。

インフルエンザが特別なわけではありません。

普通の風邪のあとにも脳炎・脳症は発生しています。

じゃあ原因は??

多くは原因不明とされていますがそうではありません。

原因があるから結果があるのです。

疫学調査を丹念に調べてみると答えは書いています。

答えは・・・・

・・・・

・・・・・

高熱の時に使用される解熱剤

これが正体です。

スペイン風邪(インフルエンザパンデミック)の時には

5000万人~1億人が死亡したと言われていますが

死亡率が特に高かったのはの兵士でした。

彼らはアスピリンを常用していたんですね。

感染症時に服用したアスピリンが

インフルエンザ感染後の死亡率を高めたわけです。

アスピリンに限らず一般的に医療機関で

処方される解熱剤には要注意です。

特にボル○○○やロキ○○○などを

解熱剤として使用するのは極めて危険です。

処方された場合は注意してください。

解熱剤には多くの種類がありますが

多くが脳炎・脳症を誘発する可能性があります。

高熱が辛く

どうしても解熱剤を使用する場合は

アセトアミノフェンにしましょう。

一般の薬局で購入することもできます。

「アセトアミノフェン」は「一般名」なので

「商品名」は「タイレノール」などになります。

病院処方薬では「カロナール」が有名ですね。

そもそも論としてインフルエンザの高熱に

解熱剤は必要ありません。

ウイルス感染後の免疫反応ですので

化学物質(薬)を使わない方が早く治ります。

高熱で体内のウイルスを駆除しているわけですからね。

小さいお子さんをお持ちのご家庭や

高齢者などはそのことを良く考えてから

感染症(インフルエンザなど)と向き合って

いったほうが安心と思います。

※ここでは解熱剤だけを取り上げましたが

解熱剤以外にもインフルエンザ関連脳炎・脳症

リスクとなりうるものは存在します。

インフルエンザ関連脳症の原因の全てが

解熱剤ではありませんので他の薬剤にも

細心の注意を払っても払い過ぎるということはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>