未来を決めるのはあなた自身です

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.5.6(1)

あるちいさな村が津波に見舞われました。

村人はみんな村から避難しています。

そんな中で1人の青年が避難しようとしない

お婆さんをみつけました。

そしてお婆さんに声をかけます。

「青年」

お婆さん、急いで逃げないと村は津波にのまれてしまします。

命の危険が迫っているので急いで逃げてください。

私の救助用の舟に乗せますので一緒に非難しましょう。

「お婆さん」

大丈夫、大丈夫

私はいつも神様にお祈りしています。

きっと神様が私を助けてくれます。

信心深い私を神様が見捨てるわけがありません。

だからあなた達はわたしにかまわず避難してください。

「青年」

・・・・

またあとで救助に来ます。

刻一刻と深刻な状況になっています。

非難の準備をしておいてください。

・・・・・・・・・・

しばらくして

「青年」

お婆さん助けにきました。

もう時間がありません。

一緒に避難しましょう。

これを逃すと命が無くなります。

「お婆さん」

私はここに残ります。

神様がきっと私を助けてくれます。

私は信じています

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

その後あっという間に村は津波にのまれてしまいました。

逃げた青年を含め村人の命も助かりました。

1人を除いて。

そう、逃げなかったお婆さんは死んでしまいました。

お婆さんは死んだあと神様に会いにいきました。

そして神様に聞きました。

「神様、私は毎日毎日、1日も欠かさず

神様にお祈りしてきました。

津波が村を襲いましたが

神様がきっと助けてくださると信じて

逃げませんでした。

しかし私は死んでしまいました。

なぜ神様はこんな酷い仕打ちを私にするのですか?

私は神様を信じていたのに・・・」

すると神様はお婆さんにこう言いました。

「私はお婆さんを助けるために使いの村人(青年)を

救助に向かわせました。

しかしお婆さんは頑なに私の使者(青年)

の言葉に耳を傾けませんでした。

だから助けたくても助けることができなかったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達が日々生活している日常でも同じようなことが

起っていることに気が付きましたでしょうか?

このチャンスを逃すと次がない・・・

という場面は人生の中で何回かあります。

絶対に掴まないといけないチャンス!

そのチャンスが目の前にきているのに

頭の中で無意味な理屈をこねて大切な

チャンスを逃していませんか?

病気の治療法や健康法に対する思考も同じです。

思い切ってトライすれば

未来がかわる可能性があるのに

言い訳してトライしない人達をたくさんみてきました。

未来は自分の手で切り開くのものです。

♦医科学整体コンプリート(福岡・北九州)はこちら>>

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>