後悔しないためにも手術前に非侵襲的対処を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.7.24

側弯症は酷くなると必ずと言っていいほど

手術をすすめられます。

医学的には原因不明だっていってるのに・・・

脳幹の誤作動?とも言ってますよね。

親子で側弯、兄弟で側弯はよく経験しますので

遺伝的素因が関与していることは

想像に難くないですが

脳幹の誤作動も遺伝するのか??

そして脳の誤作動なら手技療法で改善する

はずないですよね!

ぎゃみ側弯

でも・・・

 同じ日の撮影です。

手術しなくても変化しています。

大切なことはよい状態にできるということを知る事。

無知ならすぐ手術・・・になるかもしれませんが

現在は情報は調べればいくらでもヒットします。

ネット情報は玉石混交で

情報を取捨選択できる能力は必須ですけど。

側弯のおっさん

重症の高齢女性でも変化しています。

同一日ですよ。

側弯6(上部・下部)

改善できると知ったら何をすればいいか

懸命な人なら分かりますよね。

改善するためのメソッドに磨きをかけて継続する!

医療を絶対視しない姿勢が大切です。

徹底的に情報を吟味してリクスが最も少ないものから

選択的にチャレンジしてみる。

ダメでもいいんです。

最初からうまくいくほど世の中甘くありません。

試行錯誤してあらゆる可能性にチャレンジして

自分が納得するまで調べて命取られる以外は

チャレンジすること。

お金で解決できることなら何でもしてみる。

お金はあの世にはもっていけませんからね。

世の中には絶対はありませんが

可能性にかける気持ちが

チャンスを呼び込むときもあるのです。

♡医科学整体コンプリート(福岡・北九州)はこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>