医療コーディネーター活用法

このエントリーをはてなブックマークに追加

医学知識の乏しい一般の人でもインタネットによる検索によって膨大な情報を入手可能で

す。しかし、その内容は玉石混交で正反対の記述がある内容も少なくありません。いくら情

報量が多くてもそれを正しく吟味して適切な医療内容を選択するのは決して容易ではありま

せん。そこで医療コーディネーターがクライアント(相談者)と対話しながら気持ちを整理

して納得のいく治療内容、治療計画を自己決定できるように医療情報を整理してクライアン

トの立場に立った支援を提供します。

●医療機関の受診についての相談

●医療関係者とのコミュニケーションのバックアップ

●がんに関する悩み相談

●患者の自己決定支援

●医療内容の通訳、解説

●失敗しないセカンドオピニオンの受け方のアドバイス

●受診同行(一緒に医療機関に同行して問題解決のための支援を行います)

料金が別途発生します。(詳細はおたずねください)

●その他

 

こんな人におすすめです。

①医師との会話が苦手

②よりよい医療機関(医療従事者)を一緒に探してほしい

③気持ちを言語化するのが得意でない

④抗がん剤治療をしたくないが言い出せない

⑤医療情報共有の仲介してほしい

⑥自分の治療に強いこだわりがあるが医師にうまく伝えられない

⑦現在病気の親(子)、配偶者の病気のことについて一人で悩んでいるのがつらい

⑧自費診療でもいいので他の治療法についての情報がほしい

 

自分一人で悩んでいても辛いばかりなのが病気です。

思い切って誰かに相談するのも問題解決の一手になるかもしれません。

福岡総合医学情報研究所はクライアントの立場に立ってできる限りの支援を行います。

お気楽に相談してください。

 

※メールであれば24時間いつでも結構です。

E-mail:spy55hb9@gmail.com

料金はホームページに記載しております。