最低5年は継続する力が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

何でもそうですが継続できない人に

結果はついてきません。

病気であるということは何か今の現状を

変えないといけないということです。

これまでの生活様式を維持したまま

楽によくなってくれればいいと

いう考えでは結果はでません。

側弯だって慢性疲労だってそうです。

現代医学では解決法がないと

いわれているのですから

可能性のある事であれば学んで

自分の直感を信じて継続する必要があります。

世の中には詐欺同然の民間療法も

多数ありますので真偽を見極める力が

個人個人に求められています。

側弯だって私が指導している

フィジカルテクニックを学んで

毎日最低10分程度は継続していかないといけません。

慢性疲労はなおさらです。

医科学整体で強い疲労が楽になり

側弯も本人がビックリするほどその場で

改善することも多くありますが

それで終わりではありません。

そこからが始まりなのです。

2~3か月での結果を求める人が多い

印象がありますがどんなことでも

最低4~5年はチャレンジしないと根本的な

部分がみえてきません。

側弯ケアはまた別ですが

慢性疲労は施術、フィジカルケア

食事療法の3つを組み合わせていかないと

結果がでません。

食事療法は身体の中に蓄積した

有毒な物質を抜いて新しい身体に生まれ

変わるためのものです。

これに5年かかります。

現代栄養学とは別ものです。

現代栄養学は完全に嘘に凝り固まっており破綻しています。

糖質制限やファスティングで体調が改善すると

思っている人が多いのも間違った知識で

洗脳されているからです。

体調改善のためになる正しい栄養学を

施術やフィジカルケア指導にプラスして

お伝えしております。

施術に関する内容はこちらをご覧ください>>