自分で自分をコントロールすることの大切さby生体運動力学研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

肩こり、腰痛、膝痛、生きていれば大なり小なり

誰もが経験するでしょう。

しかし舐めてはいけません。

維緊筋痛症の初発症状は顎関節症

多いと歯科の先生が言ってました。

線維筋痛症・・・難病です。病気を苦に自殺する人もいます。

どこかでストップをかけれないのか?

酷くなるまでどうしようもないのか?

誰も分かりませんが、ひどくなる前に自分で自分をケア

出来たら未来は違う結果になるかもしれません。

顎関節症→肩こり→腰痛→全身痛→線維筋痛症

の悪性サイクルになる前に手を打ちたいものです。

生体運動力学研究所では自分の身体をケア

するテクニックも教えています。

自分で自分をコントロールすることの大切さby生体運動力学研究所」への2件のフィードバック

  1. 顎関節症、思い当たるふしがあります。
    甘く見てると「手遅れに」なんて事になりかねないですね。

    • 残念ながら多くの人は手遅れになって
      気づくことが多いです。
      手遅れになっても気づかない人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>