ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

インフルエンザ関連脳炎・脳症は予防できるのか?

c1

10年以上前から限られた医学論文で報告されています。

しかしまだまだ世間への周知には遠い印象です。

早速今シーズンもインフルエンザが流行ってきました。

全国的にも流行期に入ったようです。

さてインフルエンザシーズンになると

よく聞く言葉に脳炎・脳症とう重篤疾患が

ありますがご存知でしょうか?

「インフルエンザ脳炎・脳症」

という表現をされることも多いので

毒性の強いインフルエンザに感染したあと

重症化して脳障害を起こしたケースを

インフルエンザ脳炎・脳症

思っている人も多いはずです。

しかし実際はインフルエンザ以外でも

脳炎・脳症は多く発生しています。

インフルエンザが特別なわけではありません。

普通の風邪のあとにも脳炎・脳症は発生しています。

じゃあ原因は??

多くは原因不明とされていますがそうではありません。

原因があるから結果があるのです。

疫学調査を丹念に調べてみると答えは書いています。

答えは・・・・

・・・・

・・・・・

高熱の時に使用される解熱剤

これが正体です。

スペイン風邪(インフルエンザパンデミック)の時には

5000万人~1億人が死亡したと言われていますが

死亡率が特に高かったのはの兵士でした。

彼らはアスピリンを常用していたんですね。

感染症時に服用したアスピリンが

インフルエンザ感染後の死亡率を高めたわけです。

アスピリンに限らず一般的に医療機関で

処方される解熱剤には要注意です。

特にボル○○○やロキ○○○などを

解熱剤として使用するのは極めて危険です。

処方された場合は注意してください。

解熱剤には多くの種類がありますが

多くが脳炎・脳症を誘発する可能性があります。

高熱が辛く

どうしても解熱剤を使用する場合は

アセトアミノフェンにしましょう。

一般の薬局で購入することもできます。

「アセトアミノフェン」は「一般名」なので

「商品名」は「タイレノール」などになります。

病院処方薬では「カロナール」が有名ですね。

そもそも論としてインフルエンザの高熱に

解熱剤は必要ありません。

ウイルス感染後の免疫反応ですので

化学物質(薬)を使わない方が早く治ります。

高熱で体内のウイルスを駆除しているわけですからね。

小さいお子さんをお持ちのご家庭や

高齢者などはそのことを良く考えてから

感染症(インフルエンザなど)と向き合って

いったほうが安心と思います。

※ここでは解熱剤だけを取り上げましたが

解熱剤以外にもインフルエンザ関連脳炎・脳症

リスクとなりうるものは存在します。

インフルエンザ関連脳症の原因の全てが

解熱剤ではありませんので他の薬剤にも

細心の注意を払っても払い過ぎるということはありません。

 

リンパケア/インソール/MRTの関係性

20181108(2)

私がインストラクターをしている

さとう式リンパケアの理論は

3つの柱から構成されています。

1つ目は「支持筋は屈筋である」

2つ目は「体は腔で構成されている」

3つ目は「筋肉をゆるめる」

さとう式の講座は複数あって

どれから受講すればいいのか分からない

という人も少なくありませんが

下記に記載したように結局は

どれから学んでも最終的には行き着くところは同じです。

”リンパケア講座”「腔」を構成することで

「屈筋」が働きバランスがとれて

「筋肉がゆるまる」ということを学びます。

インソール講座”では支持筋である「屈筋」

を使うことで「筋肉がゆるみ」

その結果「腔」が整うことを学びます。

”MRT講座”では「筋肉をゆるめる」ことで

「腔」が整い支持筋である「屈筋」

が使いやすくなることを学びます。

「筋肉をゆるめる?」腔?」屈筋?」

結局それがど~したの??

って思う人に一言・・・

結局、「楽になる」この一言につきます!

身体が・・・

少し心も?

まあ疲労回復には絶大な効果が期待できます。

要するに講座の内容はそれぞれ全く

異なりますが言いたいことは共通しています。

「腔」を整え「屈筋」が使いやすい状態

にして「筋肉をゆるめる」ことが

大切ですよということです。

リンパケアに親しみのない人では

少し理解に時間が必要かも知れませんが

一度学べば理解が深まる人が多いです。

なにより、体感することが一番です。

”百聞は一見に如かず”

人は実際に自分の身体で体感しなければ

分からないことは多いのです。

自分の為に学びたいなら

セルフケア講座orインソール講座

家族の施術やビジネスで応用したいなら

MRT講座orリンパケア

という考え方もありです。

どの講座も安価で役に立つので

ぜひ学んでみてください。

明日からの日常に役立つこと間違いなしです!

♡私のさとう式講座はこちらからご覧ください>>

※ご希望の日程があれば連絡ください。

可能な範囲で調整します。

 

 

筋肉を”ゆるめる”ことの重要性について

2018.11.8

多くの人は筋肉っと聞いてもムキムキ!

ホソマチッヨ!シックスパック!

胸板厚い人がいい!

というようなどううでもいい情報(笑)しか

知らない人が多いのではないでしょうか?

具体的に人体でどのように働き

どんな役目があるのか?

医療従事者も大半の人は知らないと思います。

だって筋肉に特化した診療科はありませんからね!

整形外科でも骨、腱、靭帯

あたりまでで筋肉は専門外です。

そんな筋肉ですが極めて重要な人体パーツなので

少し大切な部分について書いてみます。

私が医科学整体で施術する時にもターゲットは筋肉です。

骨はターゲットにしません。

外反拇趾でも、腰痛でも、膝痛でも、肩こりでも

寝違いでも慢性疲労でも、脊柱側弯でも・・・

筋肉がアプローチの対象です。

リンパケア講座(セミナー)でもMRTは

筋肉に特化したセミナーです。

筋肉は当然生きて生活していれば疲労します。

肩が凝る!

これも筋肉の仕業です。

僧帽筋をはじめとした肩周辺の筋肉の疲労です。

では疲労した筋肉には何が効果的なのか?

車を走らせていると「全身もみほぐじ」の

看板を良く目にします。

対象は、疲労回復、肩こり、腰痛などのようですが

「全身揉みほぐし」では

肩こりや腰痛、疲労回復に効果はありません。

むしろ逆効果です。

無知の成せる業ですね!

なぜなら揉んだり、叩いたりの刺激を

筋肉に入れると筋肉は硬くなり

内部の液体(組織液)が循環しなくなるからです。

組織液とは細胞組織の液体のことで

これが酸素と栄養素を運んで全身を循環しています。

血液も全身を循環していますので

大切なもう一つの全身循環体液になります。

あくまで私の考えですが慢性疲労の人などは

この組織液の循環不良の人が

少なくないような気がしています。

というわけで筋肉内の組織液の

循環をよくすることが健康管理の

観点から非常に重要なのですが

筋肉が硬いと循環が上手くいきません。

組織液の循環不全の状態に該当します。

すべてがそうですが

循環していないモノは腐敗していきます。

水も人も会社も・・・

ダメ会社はダメ人間ばかりですよね。

仕事のできる人は嫌気がさして辞めていきます。

結果ダメ人間しか残らない。

これが会社組織の循環不全をおこしている状態です。

これは早晩崩壊しますよね!

人の身体も同じです。

よい循環の方向にもっていくだけです。

筋肉なら柔らかい状態(ゆるめられた状態)を

常時維持することが大切になります。

硬い⇒ゆるめる⇒また硬くなる⇒ゆるめる⇒

またまた硬くなる⇒ゆるめるの繰り返しです。

これを何十回~何百回繰り返すことによって

次第に改善スピードが速くなります。

そして辛い症状もいつの間にか消えているかもしれません。

キツイ、だるいの人生から卒業できる!

➡疲れにくい身体が手に入る!

➡楽しいことにたくさんチャレンジできる!

➡人生が豊かになる!

日頃あまり意識されない筋肉ですが

筋肉を良い状態(ゆるめられた状態)に

維持することは血液が全身にくまなく循環

していることと同じくらい重要なことです。

筋肉は人にゆるめてもらうことも

可能ですし自分でゆるめることも可能です。

効果は10:1くらい!

施術してもらった方がセルフより

10倍程度効果があると思います。

(注)施術もテクニックは様々なので筋肉が

硬くなる施術は逆効果です。

医科学整体コンプリートやMRTであれば大丈夫です!

♡医科学整体コンプリートはこちら>>

♡MRT講座はこちらから>>

 

 

 

筋肉をゆるめる体操(ダイジェスト版)無料プレゼントします

筋肉ゆるめる体操

さとう式リンパケア創始者佐藤青児氏の本

筋肉をゆるめる体操(ダイジェスト版)を無料で

プレゼントします。

下記よりお申込みください。

※プレゼンとはこちらをクリックしてください>>

多くの人が知らなくても人が健康に

暮らすための秘訣は複数あります。

筋肉に対する正しい知識を持つこともその中の1つです。

人間の筋肉は生き物ですので

調理用の肉(死肉)とは反対で

揉んだり・叩いたりすると反射で硬くなります。

肉を調理する時は肉を揉んで・叩けば

柔らかい肉になるのですが

生きている人はそうはいきません。

しかし大半の人はそのことを知らずに

疲れて疲弊した筋肉を押したり、揉んだり

叩いたりしています。

これは完全に逆効果で悪化の一途をたどります。

ではどうすればいいのか??

という部分は上記の本を読んでみてください。

目から鱗だと思います。

より詳しく知りたい場合は

私の講座で教えています。

複数の講座がありますが

「筋肉をゆるめる技術」

に特化した講座はMRTといいます。

MRT講座を選んでください。

♡私の講座はこちらをご覧ください!

結果がでるまでには時間がかかる!

ujn

施術や実技指導をしていてよく思う事なのですが

結果を急ぐ(焦る)人に共通している出来事があります。

結果(成果)を急ぐあまり結果を出せないまま

終了してしまうという事です。

どんなことでも一定時間は時間が必要です。

スピード社会ですので、錯覚してしまうのも

無理もありませんが大切な事、重要な事ほど

結果がでるまで時間がかかります。

果実を手にするには種まきから

始めなければならないのと同じです。

一朝一夕に結果がででもマグレなら長続きしません。

ある整形外科医がメディアで言っていました。

骨粗鬆症の患者の多くは治療途中で勝手に服薬をやめて

自分で治療中断すると。

最低でも2年は経過をみないといけないのに

素人判断で治療中断する人が多いと・・・

私のテリトリーからみると

側弯・慢性疲労・痺れ・痛みなどの症状を持つ人は

極度の疲労状態にある人が多く

フィジカル、メンタルの両方に問題を抱えている

ケースがほとんどです。

有症状の本人が一番自分の事を分かってない

ことも少なくなく、自分は健康だと思い込んでいます。

しかし健康な人に慢性痛や慢性疲労、痺れなどが継続的に

起きるはずもなく「自分の事は自分が一番知らない」

の典型的なケースも少なくありません。

痛みや痺れ(麻痺ではない)慢性疲労などは時間経過

とともに改善率が下がっていきます。

少しでも早く対処して気長に

経過を見ていく必要があります。

そのためにわたしのところでは

施術+ホームケア指導をおこなっています。

施術に頻繁に来なくてもホームケアに

定期施術を組み合わせることで

長期的回復を図ることが目的です。

慢性痛、慢性疲労、痺れ、側弯による様々な症状で

悩んでいる人は目先の症状の改善ではなく

長い人生を豊かに生きていくために

自分の身体とどう付き合っていくのか

向き合っていくのかを考えましょう。

さらにメンタルの安定、充実した生活を送る秘訣!

それらを一緒に考えていくことが

できるようなお手伝をしたいと考えています。

そのためにはまずは行動しましょう。

行動をおこすことができた人だけが

成功のチャンスを掴むことができるのです。

♡医科学整体コンプリート(福岡/北九州)はこちら>>